ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598

顎のゆがみ

頭蓋骨が矯正されることで顎のゆがみが矯正されて、咀嚼筋も整うと、顎関節症が改善します。

頭蓋骨矯正が、顎関節症(がくかんせつしょう)の原因を改善

顎(あご)のゆがみが、口が開かない顎関節症の原因になります。
15種23個の骨の集合体である頭蓋骨のゆがみ矯正が、顎関節症の症状を緩和します。

あごの歪みは、顔のゆがみの原因にもなります。唇の形で顎のゆがみを確認できます。 
人中(鼻の下の縦の線)やほうれい線のゆがみ、たるみの他、ほうれい線の深さと角度の左右差も出ているはずです。

頭蓋骨矯正が、顎関節症(がくかんせつしょう)の原因を改善
※ 効果には個人差があり、​すべての方に​同じ効果を​保証するものではありません。

あごの動きとしくみ

口が開くのと閉じるのは、左右と上下に下あごが動くことで可能になります。
下あごと上あごをつないでいるのが顎関節(がくかんせつ)です。

あごが動く、話をしたり食事の時時には、下あごの上端部の下顎頭が回転しつつ関節円板と一緒に前後に動いています。

顎関節の関節円板は、下顎と上顎が押し合う圧力を分散して吸収するクッションの役割を果たしているのです。

顎のゆがみがあると、歯の噛み合わせにもくるいが出て上の歯と下の歯が、上手く噛みあわないで偏った噛み方になってしまいます。

このような、良ないい顎の動きの悪循環が続いているうちに、顎関節痛(顎の痛み)・顎関節雑音などの顎関節症の原因になるパターンなのです。

めまいや耳鳴りも伴う、顎関節症の症状

顎関節の下顎頭(下顎の先端)は耳の穴の下に位置しています。
あごのゆがみにより内耳を刺激して平衡感覚のバランスがくるい、めまいの原因になる場合もあります。 また、耳鳴りに悩まれる方もいらっしゃいます。

あごの周囲には、多数の唾液腺が存在します。
顎関節のゆがみにより唾液の分泌を阻害して口腔乾燥症にもなります。

胃痛原因にもなる、顎関節症

唾液不足が消化吸収の第一歩からのつまずきとなり、そのメカニズムをくるわせてしまうことになります。

胃腸にも負担をかけるために、胃痛症状などの内臓疾患にも結びつきます。

消化吸収から排泄にいたるまでの第一歩が唾液の分泌であり、口の中に食べ物が入った瞬間、もしくは食事をしようとする行為の前から、食べ物を見たり食事をしている想像をするだけでも、唾液の分泌が始まっています。

成人で1日あたりに 1.5リットルの唾液を分泌すると言われています。
これは1日に出る、お小水の量とほぼ同じくらいを出しています。

唾液の分泌が滞ったり出すぎたりすると快食・快便の妨げになります。
滋養の吸収もスムースに行かずに、体調不良の原因を引き起こしてしまいます。

唾液は、分泌される量だけではなく、唾液の質もバランスを保てていなければなりません。
唾液腺は、大唾液腺である耳下腺、顎下腺、舌下腺の3つと小唾液腺の口唇腺、頬腺、舌腺および口蓋腺、洗浄腺の合計8種類も備わっています。

これらの唾液腺がバランス混ざり合って、ほどよく働いていれば、消化吸収のプロセスからの栄養吸収がなされます。
そして、効率的な疲労回復方法にもなるのです。

味覚異常(味音痴)にもなる、顎関節症

唾液に溶けることにより味を感じる味物質が、舌などにある味細胞の味蕾(みらい)に届いて、その情報が脳に伝えられて味を感じます。

唾液不足のドライマウスのままでは、味物質が溶けにくくなって味蕾へと届きにくくなり、味を感じるのが鈍くなる味覚異常(味音痴)も起きるのです。

唾液不足のドライマウスの原因の顎関節症

唾液不足になると、唾液の殺菌作用も低下して口の中に様々な細菌がより多く住み着きやすくなり、これらも味が感じにくくなる元となります。

これが一番の肝心要であり、顎関節の位置がくるうと生体に大変な悪影響を及ぼしてしまいます。

唾液の分泌が上手くバランスを保てていない分、消化器系の内臓にも負担をかけることになる悪循環から、やがて内臓疾患へとつながってしまうのです。

世間一般に行われている医療行為は、検査をして薬を処方するのが通例です。
これでは仮に胃痛原因として、永続的に胃腸薬を服用しているのが関の山で、根本的な解決に至らないばかりです。
そればかりか、薬の副作用にも苦しむことにもなるでしょう。

このようにあごのゆがみは、口元のゆがみや顎関節症だけではすみません。体の内面にも悪影響を及ぼし全身症状へと繋がって行きます。

放置してはいけない問題ですが、しかしながら、単純にゆがんでいる顎の骨や顔のゆがみ矯正だけをして解決でき得るものではありません。

噛み合わせ施術にもなる、顔のゆがみ矯正

歯噛み合わせにも異常を来す顎関節のゆがみは、食いしばるくせにより顎に負担をかけてしまいます。

そして、噛みしめるくせや歯ぎしりなどの噛みぐせも招いてしまいます。 ほっぺたの内側を噛むのは、かみ合わせが悪いのです。

十全治療院では、顎のゆがみ矯正や顔ゆがみ矯正も上部頚椎の一箇所の首矯正で対応いたします。

これは顎のゆがみ矯正もふくめた、15種23個の骨の集合体である頭蓋骨矯正も自動的になされます。
的確な脳からの指令による、自らの力で修復に導く自然療法なのです。

首の骨、​一ケ所を矯正するだけの、​安全な顎関節症への施術
Page Top