ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598

変形性膝関節症の原因

膝に大きな負担を掛けている体のゆがみを改善。変形性膝関節症の特徴は、膝の内側の軟骨がすり減って、O脚になってきます。

骨盤の歪みが膝の痛みの原因になります

ひざの痛みには、骨盤と股関節のゆがみ矯正が大切です。膝関節の位置を正しくすることが 変形性膝関節の対策には必要なのです。

脚は、骨盤の股関節に足のつけ根である股関節から始まっています。膝痛がある場合は、骨盤のゆがみも必ずあり、股関節の痛みを伴うことがあります。

歩く動作は、骨盤の股関節から足全体の協調運動です。

体のゆがみ矯正により、偏った歩き方も正さないといけません。それにより、一時しのぎではない、根本的な膝の痛み改善につながります。

根本的に膝の痛みをとる上部頚椎の矯正

「様々な方法を試みたけれど、ひざの痛みが良くならなかった」というお話をいただくことがあります。患部の膝のみを対症療法でを何とかしようとしただけで、根本的に修復する方法ではなかったのです。

上部頚椎の矯正は、患部に一切手を触れることなく、全身の骨格矯正が自然に行われます。患部であるひざの痛みの部分にも脳からの指令が届いて、自然に膝の痛みが消滅する自然修復の流れです。

脊椎最上部の神経圧迫を取り除いて、脳からの指令が身体の隅々にまで届くようにするのが、上部頚椎を矯正する目的です。

上部頚椎の矯正によりからだ全体のゆがみ改善がなされると、自然に全身の筋肉のバランスも整ってくるのです。体のゆがみ矯正による変化は、全身に及びます。

膝への負担を減らしましょう

膝は体重を支えていて、歩いている時は膝に体重の1.4〜2倍近くの力が加わっています。体のゆがみ矯正されることで、バランス良く歩けることになり、膝への負担も軽減されるのです。

骨盤にある足の起点である股関節が回転しながら足を動かし歩行します。足の動きの舵取り部分にあたるのが膝です。

骨盤の左右の仙腸関節から分岐して、股関節を伝わって膝→足首→足底へと伝わって全体重を支えています。 膝の痛みを抱えていると、体の動作は極めて不安定になってしまいます。

階段の上り下りの膝の痛み

歩いている時には片足で体重を支えている瞬間もあり、ひざの痛みがあると、思うように歩けなくなります。特に階段の昇り降りの時に、膝痛のために不自由さを感じてしまいます。

同様に、ランニングの膝の痛みの原因も骨盤のゆがみにあります。骨盤の歪みと仙腸関節のくるいが、膝から足のバランスを崩しています。

膝が悪いと、足の指が変形します

不安定な歩行を長年の間に続けていると、膝がいびつな形になる変形性膝関節症になってしまいます。

膝の変形の延長で足裏の筋も緊張して、足指が変形して足の裏の痛みを伴う足底健膜炎に悩まされている、膝痛の方も多いのです。

足の変形も生じてしまうので、靴選びに奔走しなくてはならないくらいです。

変形性膝関節の方は、O脚になりやすい特徴があります

膝関節の中で、太ももの骨とすねの骨が接近してぶつかっていると、膝の内側の軟骨がすり減ってくるのと同時に外側のすき間が拡がってきます。

このように膝が外側へ外側へと変形してO脚になってしまうのが変形性膝関節症の特徴で、ますます歩きにくくなってくるのです。

膝の運動療法はかえって悪影響となります

「筋肉の衰えをなくし屈伸運動ができるように、膝の動きを取り戻す」、ということで行われている膝の筋力トレーニングや膝のストレッチなどは、お勧めできません。

体のゆがみがある状態のままで筋肉を鍛えても、ゆがみがある以上は、ゆがんだままの動きですから、偏った筋肉のつき方になります。

偏った筋肉を使っての動きを繰り返すことになり、さらに体の歪みを助長させることにもなり効率的ではないのです。

足ストレッチは、体を柔らかくしようとして無理に引っ張りますから、体の歪みをさらに増やすことになり、膝にも良くありません。

筋肉には、起始と停止があり、関節の位置が定位置に収まっていれば、適度な収縮を保てる状態にあります。

体のゆがみがなくバランスが保てていれば、無理をして筋力トレーニングに励むことはありません。

膝の動きを助けている筋肉

膝を伸ばす時に働く大腿四頭筋、膝を内側に寄せる内転筋、お尻の脇にある中殿筋は、片足で立った時に骨盤が左右にふらつかないように安定させる重要な筋肉です。

中殿筋が弱いと骨盤が左右にふらついて、膝にストレスがかかります。しっかりと中殿筋が働くことにより、体のブレがなくなります。そうなれば、膝への負担も減ります。

大腰筋も体幹を支える働きをしていて、太ももの骨の股関節の近くにも付着していますから、膝の安定には欠かせない筋肉です。

これらの膝を動かしたり支えている筋肉群は、足の裏の足底筋までの骨盤から脚全体の協調運動で成り立っています。

筋肉が弱っているからといって、筋肉を鍛えて膝の動きを滑らかにしようとする発想では、膝の痛みを根本的になくすことはできません。

変形性膝関節の​痛みには、​骨格矯正が必要です
Page Top