ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598

足裏の痛み

土踏まずの痛みやかかとの痛みは、体のゆがみが原因です。骨盤の歪みが、股関節から始まる足の連係をくるわせて、土踏まずの痛みを伴わせます。

土踏まず痛みは歩き方姿勢を矯正して改善

土踏まずの痛みは、足底筋膜炎症状を疑ってみないといけません。スポーツなどの練習で走り過ぎた後に発症することが多いのです。

足裏の痛みの原因は、足底筋膜の緊張がウェイトを占めています。 足底アーチに過不足が起きてハイアーチや偏平足になっている場合が多いのです。

足は、足のつけ根である股関節から足指までで足です。土踏まずの痛みの原因の大元は、骨盤の股関節の歪みです。

足の関節には、大きく分けて股関節・膝関節・足関節( 足首にある関節)があります。これらが協調しあって歩行などの足の運びを可能にしています。

股関節・膝関節・足関節のアンバランスが偏った歩き方になります。これが足に負担をかけて、足裏が変形して足裏のアーチを変えてしまい、土踏まずの痛みの原因となるのです。

足のアーチは衝撃吸収のクッションの役目

足の骨は28個の骨が集まり縦と横のアーチを形成しています。着地時の衝撃吸収のクッションとして、そして足を蹴り出す時のバネの役割を果たしています。

足の親指のつけ根と小指のつけ根、そしてかかとの3点で全体重を支えており、その3点のアーチを結ぶ線がアーチ状の構造です。このアーチ状の構造が地面から受ける衝撃を吸収する役目を果たしているのです。現代人は、運動不足などの原因から足底の筋肉が弱くなって、十分な足のアーチが崩れさっています。

足の横のアーチが不足していると、平らになって開張足を招きます。地面からの衝撃に体が対応するために、体重がかかるポイントに足裏の皮膚の角質が厚くなってタコやウオノメができてしまいます。

合わない靴で招かれる足指変形

開張足の状態のままで合わない靴を履き続けていると、親指や小指に力が加わわり続けます。これが変形性指関節症、足の指の痛み、外反母趾や内反小指そしてハンマートゥを招いてしまうのです。

体のゆがみ連鎖により、この足のアーチにも異常を来して扁平足や開帳足を招いてしまうのです。

足底の縦アーチの不足は扁平足になり、足底の横アーチの不足は開帳足に、開帳足は外反母趾を伴うことが多いのです。

歩行時の体重が足底にかかる流れは、踵から爪先に直線方向に抜けるのが正常です。足底の横アーチの不足している開帳足は、土踏まずの衝撃吸収能力も低下します。足圧が親指側に抜けがちになり、外反母趾を招く大きな要素になるのです。

足底筋膜炎症状で足裏の筋肉が緊張している場合は、足のゆがみも伴っています。足裏のゆがみにより足底アーチにも異常が起きたり足の指が曲がって変形しているのです。

土踏まずの痛みがあると、ふくらはぎがつりやすいです

足底筋膜の過緊張だけではなく、体の背部の筋肉全体が縮む現象も伴っていて、特に脊柱起立筋にも緊張が起こります。

同時に、太ももの裏側のハムストリングス筋とふくらはぎの腓腹(ひふく)筋やヒラメ筋も縮んでいますから、ふくらはぎがつることが多くなっているかも知れません。

つまり、側面からみた正常な背骨のS字状カーブに異常が出て、足底アーチに過不足が起きます。

足底筋膜や足底腱膜の過緊張により足裏に作用したトラブルが原因で、足裏の痛みや土ふまずの痛みが発症するのです。

土踏まず痛みの矯正例

上部頸椎の矯正後に足指のゆがみ改善結果を、ご参照いただければ幸いです。全身に変化が表れる自然修復力の働きは、脳からの指令によって末端の足指にも及ぶのです。

足には、手を触れていません。首の骨を一ケ所矯正しただけで足の指が伸びて来ました。多くのの患者さんは、土踏まずの痛みを訴えておられました。

土踏まず痛みの矯正例はこちら

足裏の痛み(足底筋膜炎・足底腱膜炎)に付随して現れやすい症状

  • 股関節の痛みと変形性股関節症
  • 膝の痛みと変形性膝関節症
  • 外反母趾・内反小指・かぎ爪趾などの足指のゆがみ
  • 扁平足
  • 足指先のしびれ
  • 足の筋肉の痙攣(けいれん)
  • ふくらはぎの筋肉がつる
  • 足底がつる(足底筋膜の緊張)
  • ふくらはぎの痛みや太ももの肉離れ(筋肉繊維の断裂)
  • 腰痛症
  • 背中の痛み
  • 歩行困難
  • 足の多汗症
  • 足の冷え
  • 足の指を自由に動かすことができない
  • 足の裏や指にマメができる
  • 足の指が平べったい
  • 足の指の関節が上向きに「くの字」に曲がっている
  • 足の親指や小指が曲がって、他の指と重なっている
  • ウオノメやタコなどの皮膚の角質化が起きている

理想的な靴選び

  • 足長(サイズ)と足の横幅(ワイズ)があう
  • 無理なく安定して歩ける
  • 足首や膝に負担をかけない固さ
  • 中敷きに凹凸がなく平らなもの(土ふまずが膨らんでいるものは歩行中の足底のしなりを妨げます)
  • 通気性が良く、蒸れないもの

対症療法では、根本的な土踏まずの痛み修復にはなりません。

足裏の痛みの対処として、「理想的な足底アーチを作るための足底板が最適です」と称して足底板により人工的に足裏のカーブを変えたり、テーピングにより補強固定をするような方法では、足裏痛みの真の救済になりません。

上部頸椎整体で足裏の痛み、​足底筋膜炎、​足底腱膜炎も改善
Page Top