ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598

足指の痛み

体のゆがみが足指先の痛みの根本原因。姿勢が悪く、不自然な歩き方をしていませんか?関節痛足指を原因から正しましょう。

足指先痛み関節痛で悩んでいませんか?

足指の痛みがあると、歩行中にも指の痛みで歩き難くなります。日常の動作である、足の運びにも不自由さを感じてしまいます。

立っている時にも、足の指でバランスを保つように体を支えていますから、足指に異常があると立っている姿勢や歩いている姿勢も不安定になってしまいます。

スポーツ愛好家やアスリートの方を施術して感じることですが、鍛え抜かれた強靭な肉体もさることながら、足の指も発達して太くてたくましい形をしていらっしゃいます。

特に相撲選手の足指のたくましさは極めつけです。

体を支える重要な役割を担う足指

足指の指関節は、歩行中に体重がかなりかかります。上半身の重みが腰仙関節骨盤の仙腸関節 → 股関節 → 膝関節へと伝達して、足関節 足底から足の指の関節へと伝えわって行きます。

28個の足の骨骨が足の裏の縦と横のアーチを形成しています。着地する時の衝撃吸収のクッションとして、あるいは足を蹴り出す時のバネの役割を果たしています。

偏った歩き方は扁平足や外反母趾に繋がります

体のゆがみから偏った歩き方を続けていると、足裏のアーチが崩れて、扁平足や開帳足になりやすいです。

足底の縦アーチの不足は扁平足を、足底の横アーチの不足は開帳足になりやすく、開帳足は、外反母趾を伴うことが多いのです。

歩行時の足底にかかる体重の流れは、正常であれば踵から爪先に直線方向に抜けます。

足底の横アーチの不足している開帳足の場合、土踏まずの衝撃吸収能力も低下しています。親指側に力が抜けがちになり、外反母趾の原因にもなります。

ヒールの高いパンプスは外反母趾の原因になりやすく、着地が踵ではなく爪先からになり、親指に体重がかかり変形しやすいのです。

ハイヒールは、もともと舞踏会用に足を美しく見せるように履くための靴で、歩きまわるための靴ではないのです。

踵の高い先が細いかたちの靴は、足指のつけ根に体重が集中してかかり続け、足裏の横アーチが低下します。

そして左右から強く挟み込むように圧迫して足の指が押されて、親指つけ根の関節部分から外反します。

足の甲にある中指骨が逆に内反して、「く」の字に歪みをつくってしまうのです。

足の親指に炎症が起き、時間の経過とともに関節包や靭帯などの周囲の組織が弱体化します。そして、固まって元に戻らなくなってしまい、親指を引き上げる脛の筋肉の弱体化も招いてしまいます。

外反母趾から偏った歩き方を続けていると、膝の痛み股関節痛にまで悪化することもあります。

上から外反母趾を見ると親指が外側へ曲がっているのがよくわかります。親指のみではなく、足全体の構造にも異常を来しています。

足の指に力が入らない原因

足の指に力が入らなかったり、足の指が地面から浮いてしまったり、足が変形していると、足底の偏った部分に体重がかかって、歩き方も不安定になってしまうのです。あるいは、足指のしびれも伴っているかも知れません。

これらのことから我々の日常動作の様々な場面で足指の協調動作により足の運びが成り立っていることがわかります。

関節痛である足指の痛みは、歩き方も不安定にしている体のゆがみがとれないと真の問題解決にはいたりません。

靴の変形は不安定な歩き方の証拠

靴に不自然な左右差のあるしわができていたり、靴の左右の爪先が反っていて高さが違っていたり、靴に斜めにしわができていませんか?

それは、体がよじれていて脚長差があり、踵の骨がまっすぐついていない、不自然な歩方をしているのが原因で起こっています。

足が歪んで土台がズレていると、怪我をしたり、転びやすくなり、目をつぶってまっすぐは歩けません。

立って上から爪先を見ると、足の指が曲がっていて足の爪が見えず、首を前へ倒してお辞儀してバランスをとっているような体のゆがみ方をしています。

体の骨の4分の1にあたる52個の骨が左右の足の部分にあり、筋肉の75%が下半身にありますから、足のトラブルは全身へとつながってしまうのです。

足指の痛み(関節痛)に関連する症状

足指先の痛み改善方法「首の一点矯正」

上部頸椎の矯正により、体のゆがみ全体が正され、歩き方姿勢も正されます。足指が伸びて、関節痛である足指の痛みも改善されます。

我々の体には、怪我や傷を修復したり骨折を整復する働きが備わっていますから、この自然修復力整体作用が足の指のゆがみをも正すことができる唯一のはたらきなのです。

関節痛の原因は、​体のゆがみにあります
Page Top