ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598

鼻のゆがみと鼻炎・花粉症 

鼻の歪み矯正は、鼻の病気の花粉症と鼻血に効きます。頭蓋骨矯正うっとうしい鼻血と鼻づまり改善。

花粉症 鼻づまりやアレルギー性鼻炎の原因について

くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみが花粉症の症状です。口呼吸になって、のどがかゆいという訴えも症状出てきます。

花粉症や鼻炎になりやすい人は、家族に花粉症の人がいれば、 花粉症の原因になっていると言われているIge抗体を持っているからなのです。

しかし、一言で花粉症と言っても様々です。花粉症症状は、目の症状と鼻の症状の本当の原因と効果的な対策について説明します。

鼻づまり・鼻の歪み矯正
※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。

花粉症鼻づまりの原因は、鼻のゆがみ

これは、私が経験の中で発見したことなのですが、花粉症や鼻炎アレルギー抗体を持っていて鼻のゆがみがあると花粉症やアレルギー性鼻炎が発症するということです。

「先生、7年間も悩まされ続けていた花粉症が、今年は薬を飲まなくても花粉症の症状が出てきません」と、投げかけられた声から、「何故だろう」と振り返って考えていました。

その方の顔を思い浮かべていると、顔のゆがみがあり鼻が大きくゆがんで、鼻筋が曲がり小鼻の高さがも左右違って、左の鼻の穴が横に寝ているような感じでうんと狭まって小さくなっていました。

初回から3ヶ月過ぎた時点で顔のゆがみは殆ど消えていて、「耳鼻咽喉科で鼻中隔彎曲症ですと言われた鼻筋が通ってきました」というお話をいただいたのを思い出しました。

高校生の時にソフトボールの打球が当たって曲がって、鼻がまがってしまったそうです。

この経験が、「鼻のゆがみが正されると花粉症やアレルギー性鼻炎が改善される」と感じたきっかけです。(※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。)

今や、「国民の4人に1人が花粉症になっている」現状からみれば、朗報だと思われませんでしょうか?

繰り返し花粉を浴びていると鼻の粘膜も過敏になり、わずかな花粉でも症状が強く出たり、あるいは鼻粘膜の過敏さが亢進しているために温度の変化やちょっとした匂いでも発症するようになり、大変です。

鼻づまり・口の中 矯正
※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。

鼻中隔彎曲症が改善 のどに回る蓄膿症による後鼻漏の改善

鼻炎や花粉症では、鼻中隔の外側の部分が花粉の刺激に対して、腫れて過敏になっていますし、鼻血が出たりもします。 鼻水さえたれなかったら、もっと過ごしやすいことでしょう。

鼻血が良く出る方は、鼻のゆがみが鼻血の原因であり、鼻中隔彎曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)になっていている場合があります。鼻の中で鼻腔に炎症が起きている肥厚性鼻炎になっていて、鼻のゆがみが毛細血管を刺激して鼻血が良く出るのです。

その他、鼻づまりから鼻をすすったり、いじったり、鼻を強くかむなどを繰り返しているうちに鼻の毛細血管を傷つけて鼻血が出るのです。

鼻中隔は、左右の鼻の間、つまり鼻の真ん中の部分のしきり部分をさし、たくさんの血管が集まっていて、アレルギー性鼻炎の抗原抗体反応で腫れてしまう部分なのです。

つまりここにゆがみがあると鼻中隔も曲がってしまい(鼻中隔彎曲症)、鼻づまりが起きたり、アレルギー性鼻炎の原因となるのです。

鼻づまりは、いびきの原因にもなります

花粉症や鼻炎の症状で悩まれている方は、鼻づまりにも苦しまれているはずです。鼻づまりは、いびきの原因にもなり、眠りも浅くなり熟睡の妨げになりますから、疲労回復もままならず、朝の目差ざめが良くありません。

いびきがとてもうるさくて、昼間も眠くて居眠りが多い、睡眠中に息が止まっている……このようなことが思い当たる方は、睡眠時無呼吸症候群(SAS)かもしれません。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の原因やいびき原因は、のどの入口が狭くなっている為に充分な呼吸ができないからです。 鼻がつまっていてのどが狭くなっているほど、呼吸が不十分になって、酸欠状態になり深く眠れません。

一般的な、いびき・無呼吸症候群の施術法として、CPAP装置(シーパップ)があります。しかし、マスクを着用しての睡眠はとても不快で、苦しくて使用しない方もいらっしゃいます。

無呼吸やいびきの予防には、鼻づまり改善が第一です。鼻ゆがみを矯正することにより、鼻呼吸が楽になって口を閉じて寝ることができます。

これにより、鼻孔入口部に空気の通り道を確保されて咽頭部で生じるいびきの改善に役立ちます。

鼻炎鼻アレルギー・口の中 矯正
※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。

首の骨を一ヶ所矯正して花粉症対策

鼻のゆがみを矯正するのには、手足の一ヶ所にマグネットを貼る方法、もしくは首を軽く押す方法で首の一ヶ所を矯正し、その頚椎の一ヶ所を矯正後の状態を維持させます。それによって、15種23個の頭蓋骨のゆがみ矯正がなされて鼻のゆがみも改善されるのです。

目と鼻涙管がつながっていますから、鼻のゆがみ矯正とともに鼻涙管閉塞も軽減して、花粉 目のかゆみ症状も軽減されます。

花粉アレルギーに対する減感作療法は、少なくとも50回(2年間)もの気の遠くなるような施術法や、副作用の心配なステロイド剤投与して花粉症の症状のみをコントロールする対症療法と比較すればより安全で有効です。

首の一ヶ所の上部頸椎への矯正は、脳から正しい指令が伝達にされることによる、頭蓋骨の位置も含め全身の骨格が矯正される仕組みなのです。

アレルギー花粉症・口の中 矯正
※ 効果には個人差があり、すべての方に同じ効果を保証するものではありません。

上記の3名の方の口内のゆがみ改善例がその証です。(その他、足の指変形の改善例もご参照下さい)

脳からの指令は間違った指令を届けることはありませんから、安心で安全なのです。

花粉症の症状と一緒に現れる辛さ

鼻炎や花粉症は、くしゃみ鼻水以外にも生活に支障をきたすことが多く悪循環です。

鼻水・くしゃみ・鼻詰まり・目のかゆみ以外の付随して起きる症状

  • 頭痛

    鼻詰まりから、頭が痛くなったり、頭が重くなります。

  • 不眠症

    鼻が詰まって寝付きが悪くなったり、途中に目覚める睡眠障害が起きます。

  • 腹痛や下痢

    花粉症のストレスで消化不良が起きて発症します

  • 肌荒れと皮膚のかゆみ

    もっている他のアレルギー反応が出やすくなります。

上部頸椎への矯正は、​顔ゆがみと鼻のゆがみの​改善を促します
Page Top