ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598

こめかみの痛み

頭蓋骨の歪みが、こめかみの痛みの原因です。目の奥の痛みや眼球の痛さ、こめかみの痛みを感じるのは、頭蓋骨の蝶形骨の位置異常からなのです。

こめかみの痛みは、頭蓋骨矯正で改善します

こめかみがしめつけられる、こめかみが痛むといった症状は、15種23個の骨の集合体である頭蓋骨のゆがみと関連が深いのです。 頭蓋骨の中央部分に位置している蝶形骨という骨が通称であるこめかみの部分にあたります。

目の奥の眼球の真後ろにも蝶形骨の骨が接触していますから、こめかみの痛みで苦しんでいる方が同時に目の奥の痛みや眼球自体にも痛さを感じるのは、この蝶形骨の位置異常が原因なのです。

蝶形骨の位置に異常があると、「頭痛、めまい、吐き気がする」、「頭が重くて物事に集中できない」、「思考力が低下して考えがまとまらない」、「体が重くて思うように動かない」などの体調不良の訴えが多く出る原因となり、悪い影響となります。

「口を開ける時に、こめかみが痛みます」との患者さんからの訴えをよくいただきます。 顎関節の動きと一緒にこめかみも動くので、頭痛の開口障害顎関節症の原因になるのです。蝶形骨の一部がこめかみの骨ですから、頭蓋骨の歪みがこめかみ頭痛と顎関節症の原因になってないるのです。

蝶形骨の歪みを確認する方法

目の大きさ左右差が出る頭痛 こめかみの特徴

こめかみの痛みで悩んでいらっしゃる方は、目の大きさに左右差がないか、左右の眼球の膨らみの差、頬骨の左右差等がないかを見比べてみると、蝶形骨の位置異常を確認できます。

蝶形骨には眼に関連するものが多く、眼神経と眼動脈が蝶形骨の視神経管を通っています。

それ以外にも涙腺神経・前頭神経・滑車神経・外転神経・動眼神経・鼻毛様体神経が蝶形骨を通っています。 蝶形骨のゆがみは、疲れ目・眼がかすむ・眼の充血、涙腺神経の関連で眼の渇きの原因にもなります。

上部頸椎矯正で、眼球が前に出過ぎている出目の傾向の方の場合、眼がへこんでくる過程に眼球のカーブも変化して、乱視が改善されることが多いのです。

こめかみの痛みで苦しい時に注意すべきこと

こめかみの痛みやこめかみがつまった感じの頭痛で苦しい時に、よくこめかみのあたりを指で押したりするのを見かけますが、そのようなこめかみのマッサージは厳禁です。

蝶形骨のこめかみのあたりの部分は極めて薄い骨で構成されているところですから、角度と呼吸によっては失明に至る可能性もあります。

奥歯を強く噛みしめた時に顎関節を通じてこめかみも動きますから、噛みしめや食いしばり、歯ぎしりを頻繁にしている方は蝶形骨にも負担をかけてこめかみの痛みにつながりやすいのです。

本当にはよくならない こめかみの痛みに対する対症療法

「こめかみが痛くなる頭痛の原因は、血管や筋肉や神経にある」と定義して、基本的には痛みを抑える鎮痛剤を飲んでいるのが一般的な対処法です。

トリプタン製剤が頭痛の70パーセントに有効と言われて使われるようになり、「頭痛薬は頭痛に良く効く薬」ということで服用されていますが、根本的に良くなる方法ではありません。

頭の痛みを脳で感じるのを遮断しているだけで、その場しのぎで誤魔化しているのにしか過ぎませんから、薬の副作用もあり、けっして体には良くないのです。

こめかみの痛みの施術法 首の骨を矯正するだけ

こめかみ痛みの解決策は、頭蓋骨を手で直接に矯正するような対症療法ではありません。

首の骨(上部頚椎)を一ケ所のみ矯正すると、脳からつながっている脊髄神経上部の神経圧迫が軽減して、悪いところと全身に脳からの指令が届いてこめかみの痛みがよくなります。

上部頚椎の一箇所を矯正(アジャストメント)するだけで自然修復力・整体作用により、頭痛 目の奥やこめかみの痛みだけではなく、全身が整ってまいります。

蝶形骨側面図・正面図・底面図
こめかみの痛みの原因になる蝶形骨側面図・正面図・底面図
Page Top