ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598

緊張型頭痛と肩こり

頸椎(首の骨)の歪みがあると、緊張型頭痛の原因や肩こり頭痛になりやすくなります。椎骨動脈が頸椎の中の左右両側を通っており、この血管を頚椎の歪みにより圧迫して脳内の血行不良になることで緊張型頭痛の症状につながりやすいのです。

肩こり、頭痛の改善と緊張性頭痛

肩こりがひどくなると、頭痛も酷くなるのです」という訴えをよく耳にしますが、肩こりと頭痛は結びつきが強く肩こりの強さに比例して頭痛の頻度が増えたり頭痛吐き気が強くなったりします。

これは、「肩の緊張が連鎖して緊張性頭痛が起きる」との一口で片付けることができますが、肩こりの実態が頸椎(首の骨)の歪みも伴っていると脳への血流が異常になり、うっ血や貧血が起きることにより頭痛へとつながってしまうのが主たる原因なのです。

頸椎には、椎骨動脈といって頸椎中の左右両側に通っている血管があり、この椎骨動脈を頚椎の歪みにより圧迫してしまい脳への血行不良が起きて、その加減で頭痛につながってしまうのです。

この左右2本の椎骨動脈は脳へ向かう血液量の4分の1を担っていますから、そこに圧迫があると脳内の貧血やうっ血を招き結果として頭痛を招いてしまうのです。

この頚椎のズレによる椎骨動脈の圧迫により立ちくらみが頻繁に起きる可能性もあり、これは例えば頭を上に向けた時に頚椎のズレがより大きく椎骨動脈を圧迫し、より脳への血流が途絶えて貧血が起き立ちくらみやめまいになる現象です。

交通事故のむちうちで首を痛めると、「ミリタリーネック」と言って頚椎の前弯が減少して、首がまっすぐなるような障害を負ってしまうと頸椎全体の椎骨動脈を圧迫してしまうかたちになり、より脳への血流が途絶えて頭痛を招きやすくなります。

むちうち症で悩んでいる方が、「四六時中、頭が重くてすっきりしない」と訴えられるのは、この椎骨動脈の圧迫が主たる原因なのですが、同時に瞼が重くなり眼瞼下垂となり瞼が下がってしまっている場合は頚椎の歪みが大きいと言えるでしょう。

頚椎周辺の神経がまぶたの筋肉に向かって流れていますから、頚椎にひずみが起きているとまぶたの筋肉の収縮力が落ちてきて眼瞼下垂になり、まぶたにたるみが出て左右の目の大きさに差が出たり、二重まぶたが分厚くなってしまったり、目が小さく見えたりしますし 、中にはまぶたに余分な数本のしわがよってしまっているケースもあります。

この様に、頭痛一つを観察しても様々な複合された要素が絡み合っていますから、「緊張性頭痛です」と病院で診断されて頭痛薬の世話になっても、悩みの種である頭痛の原因からの解決に至らないばかりか痛みを感じにくくするために神経伝達を鈍くしているのと同じで、神経伝達が低下するということは体に様々な不都合をもたらすことになるでしょう。

対症療法は永続的な救済に至らないばかりか副作用に苦しむことになり、このように複雑に絡み合った体の不都合に対応できる術ではなく、根本的な解決に至らないばかりなのですが、歪んでいる頭蓋骨や首を矯正したり揉んだりなどの手技療法も、学んだ知識を人間の生体に押し付けているだけでよくはないのです。

自らの力で修復に導く​自然療法が、​肩こり・頭痛の​対策になります
Page Top