ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598

四十肩・五十肩

肩関節の自由な動きを制限もしくは妨害してしまう、四十肩や五十肩の原因。両手をバンザイした時に上腕と耳が接触するかどうかが、四十肩や五十肩の一つの目安になります。

四十肩や五十肩とも呼ばれる肩関節周囲炎の辛さ解消

四十肩や五十肩になると腕や肩が自由に動かせないようになり、生活にも支障を来してしまいます。

四十肩や五十肩が重症になると、就寝中に寝返りを打った際に肩関節の痛みで思わず目が覚めてしまうなどの深刻な悩みを抱えることになってしまいます。日常生活の中で特に「辛さや不自由さを感じるのは、上着を着たり脱いだりする時でしょう。

上部頸椎カイロプラクティック臨床経験の中で発見したことなのですが、肩関節の異常により肩が上がりにくくなるケースよりも、胸椎のズレによる菱形筋という筋肉の緊張が肩甲骨の動きを制限し、二次的に肩関節の動きを邪魔して結果として四十肩・五十肩の症状が出て、肩に鋭い痛みを感じたり腕が上げにくくなってしまうのです。

肩の関節そのものより、肩関節の周囲にある靭帯・腱・関節包や筋などの軟部組織に炎症が起きて、「拘縮(こうしゅく)」といって肩関節が固まった状態になっています。

腕を挙上する時には球状の肩関節頭が臼状の関節窩の中を回転するように動き、同時に背中にある肩甲骨も一緒にスライドするように上腕を持ち上げるような形になります。(鎖骨もこの動きを補佐しています。)

この肩甲骨の近隣の胸椎がズレていると胸椎と肩甲骨に付着している菱形筋の位置もくるい、菱形筋の緊張により足を引っ張るような形で肩甲骨の動きをブロックして、肩に痛みを感じたりするのと動作制限が起きてしまうのです。

「五十肩リハビリ」と称して肩の可動域を拡げるために、肩を上げたり伸ばしたりする訓練を整形外科にて指導されることがありますが、患部に無理がかかるばかりで良くない結果を生むことになりかねないので、無理は禁物です。(対症療法は医師や施術者の学んだ知識を患者さんの生体に押し付けているだけです。)

顎関節・肩関節・股関節は、ほぼ同時期に同調して位置がくるい始めますが、それら三種の関節は、食物を噛んだり、物を持ち上げたり、歩いたり等の日常生活の上においても使う頻度が高いために、状態が悪くなると生活に不自由を来しやすく、球関節という関節の形状も同じで可動域も広く自由度の高い関節なのです。

肩関節の中で関節がスムーズに動かない現象が腕を上がりにくくしているというのが肩関節周囲炎である四十肩・五十肩の症状ですが、肩関節にゆがみが起きて肩関節の位置がくるっているのも事実ですが、体のゆがみのしわ寄せが肩に悪影響を及ぼしていると考えなければなりません。

四十肩・五十肩の判断基準は、両手をバンザイした時に上腕と耳が接触するかどうかが一つの目安になりますが、この動作に抵抗が少しでもあれば五十肩の予備軍だと言えます。

上部頸椎の矯正により、患部から脳への情報伝達、そして脳から患部への指令が完璧になり、自然治癒力整体作用で体のゆがみも改善されることにより、肩関節や胸椎のズレも正されて四十肩や五十肩である肩関節周囲炎も快方に向かい始めます。

上部頸椎の​自然治癒力整体作用で​四十肩・五十肩を​改善しましょう
Page Top