ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598

坐骨神経痛

足の痛みやしびれが強く出る、坐骨神経痛の原因。坐骨神経痛の原因は、骨盤ゆがみや骨盤の傾きから殿部の筋肉が坐骨神経を圧迫しているからです。

坐骨神経痛

坐骨神経痛は、神経が腰椎の間から出て骨盤の中を通り、臀部(お尻)の筋肉の間から出て大腿後部から足先へ坐骨神経が流れている経路のどこかで神経圧迫が起きたことで、足の痛みやしびれを伴うというような症状です。

腰椎椎間板ヘルニアが原因であるといわれていますが、腰椎だけではなく骨盤のゆがみ等も関係していて、様々な要因が複雑に絡み合って坐骨神経痛の症状が表れてくるのです。

特に骨盤の傾きやゆがみから臀部の筋肉に緊張が起きることにより、坐骨神経を圧迫して坐骨神経痛の症状が出やすくなっているというような場合がよく見受けられます。

足の痛みやしびれが強く出ていたり、広範囲に足の痛みやしびれが広まっている場合は、坐骨神経への圧迫が大きく深く起きている証拠であり、「坐骨神経痛の症状の症状が重い」と言えます。

脳からの指令が脊髄を通り、腰椎より足先まで神経がつながって流れており、坐骨神経痛はこの一連の神経の流れが滞って痛みやしびれを感じているのですが、同時に足の筋肉へもうまく神経が通じていないはずで運動神経が正常に機能していないはずです。

これにより足の痛みやしびれだけではなく、足に力が入りにくかったり、足の筋肉の痙攣やふくらはぎのこむらがえりや肉離れが起きたり、転びやすくなったり少しの距離でも歩くと足が疲れやすくなったり等の何らかの支障を来ししているはずです。

歩行中に患部側の下肢に異常感覚や激痛・緊張感を覚える、歩き始めると歩行困難になる間欠性跛行(かんけつせいはこう)は、 腰部脊柱管狭窄による座骨神経痛や足の動脈硬化による現象です。

坐骨神経痛で悩んでいらっしゃる方の中で、足の指が曲がってしまっているというような方は臨床上においてよく見かけられますが、これは大腿後部から足先へ坐骨神経が流れている関係上、坐骨神経の圧迫により特にハムストリング(後大腿筋)の過度の緊張による連鎖で足底筋が収縮して足の指が曲がっているのです。

最大の直径と長さをもっている坐骨神経ですが、立ったり歩いたりしている我々の日常生活の上においてもかなりのウェイトを占めており、坐骨神経への障害は生活の障害となって現れますので坐骨神経痛は看過できない問題なのです。

腰の牽引(けんいん)、腰椎や骨盤矯正などが坐骨神経痛に対する一般的な治療方法ですが、十全治療院では坐骨神経痛も他の場合と同じく、上部頸椎一箇所の矯正で対応いたします。

これは、上部頸椎のズレが消滅すると脳からの指令が患部の腰椎や骨盤に正しく届き、自然治癒力整体作用で腰椎や骨盤矯正がなされるからなのです。

上部頸椎整体は、​坐骨神経痛の​対策になります
Page Top