ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598

女性と腰痛

足の痛みやしびれが強く出る、坐骨神経痛の原因。骨盤のゆがみが、女性特有の生理時の体の変化と合わさって腰痛を招いているのです。

女性の腰痛対策

女性特有の腰痛では、生理時の腰痛が一番に挙げられると思いますが、生理の時は子宮が充血して骨盤の傾きや腰椎のカーブが普段とは変わることにより、生理時の腰痛に悩まされることがあります。

「生理の時は、腰を曲げると痛い」、「生理の時は、立ち上がる時に腰が痛い」、「生理の時は、同じ姿勢でいると腰がつらい」というような訴えがよく言われています。

女性全員が生理時に腰痛の症状で苦しむということではありませんから、普段から背骨の腰椎の歪みがあり、生理の時に骨盤の傾きや背骨のカーブが子宮の充血により変化して、元々の腰椎の神経圧迫を助長させて生理の時に腰痛で苦しむというのが正しい見解でしょう。

月経困難症や子宮内膜症、子宮筋腫などの疾患を患っている方は生理痛もひどいでしょうが、生理時の腰痛の症状も厳しくなってしまうはずです。

女性特有の生理時の体の変化が体のゆがみと合わさって腰痛を招いてしまう結果なのですが、逆に体のゆがみが改善されれば生理時の腰痛や生理痛も改善されることにつながるはずです。

出産という過酷な人生最大のテーマを乗り越える最中での腰痛である、妊娠初期の腰痛・妊娠中の腰痛・産後の腰痛、そして出産後から休まる暇もない毎日である育児の腰痛も、女性特有の腰痛として上げることができます。

出産時には胎児が産道である狭い骨盤を通って出てくる時に、出産をよりスムーズに胎児が通りやすくするために骨盤が開きますが、産後に正常な位置に骨盤が戻らなくて、骨盤の恥骨結合の分離が出ると産後の腰痛に苦しむ可能性が高くなります。

また産後のひだちが悪いと、骨盤にある左右2ヶ所の骨盤のつなぎ目である仙腸関節もズレや隙間が生じて負担が加わり、これも産後の腰痛に結びついたり、産後の体形戻しに悩んだりします。

中には骨盤底障害による尿漏れに悩まされるケースもあります。産後の体形戻しを訴えられていらっしゃる、分娩促進剤や吸引で出産されたお母さんは、骨盤のゆがみが大きく残っています。

出産後は不安定な体の状態ですから家事を頑張り過ぎたり、急に体形を戻そうとしたりすると、特に骨盤に負担をかけて腰痛などに結びつく可能性が高いので要注意です。

平均的に子宮は1ケ月ほどで現状回復するのですが、筋肉や骨盤は3~6ヶ月かかるとも言われています。開いた骨盤が閉じてしまうまで時間がかかるのが産後ですから、骨盤底筋も緩んだままで不安定な状態で、骨盤内臓器も下がっていて、尿道などを刺激して尿漏れなども起こしやすくなるのです。

このように骨盤がゆるんでいると腰痛になやむことにもなり、血行不良も起きてむくみや冷え症につながることもあります。

産後1~2ヶ月は家事を無理してこなさないように、あるいは重い物を持たないようにして、無理な姿勢で骨盤に負担をかけないよう気を付けつつ、授乳に専念して下さい。

院長から授乳中のお母さんへのアドバイスとして、ソファで授乳をされる場合、ソファによっては負担をかけて骨盤のゆがみに結びつくことがあるのですが、クッションをお尻に敷いたり背中にあてると、背骨や骨盤への負担が軽減されることが多く、特に授乳時は骨盤が安定してバランスが取りやすい椅子を選ぶのがコツです。

お臍の両側のお腹の左右幅が違っているとか、お尻に手を当てておしりの割れ目から手のひらを外側にに向かってなぞっていくと、お尻の幅とお尻の膨らみ方に差があるのは、大きく骨盤がくるっている表れ7です。

妊娠初期や妊娠中の腰痛も、胎児の成長とともにお腹が膨らんで、骨盤傾きや腰椎の前弯が深くなった結果、腰痛の症状で苦しむ場合もあります。

妊娠初期の腰痛・妊娠中の腰痛・産後の腰痛のいずれも体のゆがみが加味されていると、さらに女性の腰痛の辛さは増していくばかりでしょう。

関節の靭帯をゆるめる作用のあるリラキシンというホルモンが妊娠中は分泌される関係上、このリラキシンにより骨盤の仙骨と腸骨の接点である仙腸関節が過剰にゆるむことで妊娠中の腰痛が出るケースもあるようです。

上部頸椎の矯正によって脳からの指令が正しく行きわたるようになると、開いてしまっている骨盤が閉じてゆく傾向があります。骨盤が閉じてくると、それに伴って体が細くなる他にも、中に入っている腸や、女性の場合であれば子宮などの婦人科の臓器にも良い変化が現れます。その際、下痢が出たり、生理の際に出血が多くなったり、痛みが出たり、塊が出たりなどの反応が起きる可能性がありますが、良くなってゆく際の一過性の現象なのでご了承ください。

女性の腰痛の原因

  • 月経(生理)困難症
  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症(チョコレートのう腫)
  • 妊娠
  • 出産
  • 産後
  • 股関節脱臼(女性に多い)

一般的な腰痛の原因

  • 体のゆがみ
  • 背骨のゆがみ(脊柱のゆがみ)
  • 骨盤のゆがみ
  • 筋肉・靱帯・腱などの骨盤や背骨を支える組織の損傷
  • 椎間板の損傷(椎間板ヘルニア)
  • 変形性脊椎症
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 悪い姿勢(姿勢不良)
  • 脊椎分離症
  • 脊椎すべり症
  • 筋膜症
  • 筋疲労と筋拘縮
  • 内臓疾患からの関連痛
  • 股関節痛膝痛
  • 腰痛症(筋膜性腰痛症)-ぎっくり腰
上部頚椎矯正の​自然整体作用で​女性の腰痛対策
Page Top