ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598

寝違え

痛くて首が回らなくなる、寝違え(寝違い)の改善法。突然に首が痛くて回らなくなる寝違えは、背骨のゆがみが原因です。

首がつる、寝違え(寝違い)の対処

突然、首が回らない寝違えは、生活にも支障を来すほど辛いものです。首がつるような感じで、首が痛くて起き上がれないくらいの状態になることもあります。

「首から肩が固まった感じで動かない」と顔をしかめて話されたり、「首をまわすと、ジャリジャリといやな音がする」などという方もいらっしゃいます。

頚椎には、100余りの筋肉と35個の関節が集まっています。寝違えを起こしやすい構造ですが、背骨の頚椎よりも下の部位である胸椎の歪みによって首がまわらなくなることが多いのです。

首が回る時には頚椎だけではなく、背骨全体が同調して動きます。腰椎のゆがみや骨盤のゆがみも首の可動域に影響を与えます。

いかり肩や左右の肩幅に差が大きく出ている方は、寝違えを何回も起こしやすいタイプだといえるでしょう。起床後に、肩こり首こりがひどい方は要注意なのです。

寝違えを起こした時に、無理に首を回そうとしたり首のマッサージをするなどはかえって症状を悪化させることになり、禁物です。

寝違えを予防する、正常な背骨のS字状カーブ

首をポキポキと鳴らしていたり、正しい姿勢を意識して背筋を伸ばしていることが寝違いの原因の元になります。

体をそらして、背骨の胸椎が凹み正常な背骨のS字状カーブが不自然になって、頚椎のカーブが減少してミリタリーネックとなります。

ヨガやストレッチも無理な力を背骨や骨盤に加え続けることになります。正常な背骨のS字状カーブがまっすぐになり、寝違えを起こしやすくなります。

むちうち後遺症も頚椎の前弯が減少する「ミリタリーネック」となります。まして、背中(胸椎の8~10番)の歪みも起き、首がまわりにくくなることにつながります。

寝違え(寝違い)​改善には、​背骨のS字状カーブが​大切です
Page Top