ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598

不整脈と動悸の原因、横隔膜

横隔膜のゆがみが、不整脈と動悸の原因になりやすい。首の骨の頚椎4番が歪むと横隔膜がゆがみ、不整脈が起きやすくなる。

ご存知ですか?動悸や不整脈のもう一つの原因

動悸や不整脈で悩んでおられる方の多くは、横隔膜のゆがみが関係しているケースがひじょうに多いのです。

背骨の第4頚椎には、横隔神経が脊髄神経から枝分かれして、首の骨の両脇から横隔膜へ向かって流れています

第4頚椎のゆがみが横隔神経を圧迫すると横隔膜がゆがみます。心臓から出て横隔膜を突き抜けている、腹大動脈や心臓を圧迫します。これが動悸や不整脈を引き起こすのです。

走った時などに横隔膜を活発に動かさないといけない時には、横隔膜がゆがんでいると横隔膜が思うように動きません。

横隔膜の働きが十分でないと全身へ呼吸が滞り、酸素供給を満足に行えなくなります。それを補おうとして心臓の鼓動を早くして、動悸につながって行く悪循環のパターンになります。

ちなみに、しゃっくりは、横隔膜の痙攣(けいれん)が原因です。

手指を当てて、脈拍のリズムを確認しよう

心電図ではなく、手の指を使って手首の脈拍のリズムと強さを調べて、不整脈または動悸の症状を調べるのも簡単な一つの方法です。

不整脈の主訴がある方は、脈が忙しくてリズムが乱れているはずです。しかも弱くて沈んでいるような脈の打ち方になっていると思います。

正常な状態であれば心臓は1日に約10万回ほど、収縮と拡張を交互に繰り返し拍動しているのですが、このリズムが乱れているのが不整脈なのです。

不整脈は、心臓の働きが低下しているために脳へ血液が流れにくくなります。

頭部への血流が30%低下すると発症すると言われている貧血を招いたり、器質的な心血管性疾患につながってまいりますから看過できない問題です。

心臓は体に必要な脈拍数を調整しながらポンプの役割を果たしています。全身と肺に血液を送るために、一心拍ごとに無駄なく協調しながら働くことが大切です。

全身に血液を循環させることができれば血流が良くなって、体の全ての機能が正常に働いて健康につながります。

首の一点押しが、不整脈を軽減

上部頚椎の矯正(アジャストメント)の矯正により、頸椎4番のゆがみが取れると横隔膜を正しい位置に導きます。矯正後に脈の打ち方が力強く滑らかになっているのを、実感されることでしょう。

薬の服用に頼っているのは、症状を人工的に抑えているだけで根本的に解決法ではありません。より体に優しい、自然な拍動に戻す理想的な方法である、上部頚椎矯正による自然治癒力の効果なのです。

胃を圧迫する横隔膜のゆがみ

その他「胃が痛い」と訴えていらっしゃる患者さんの半数近くは、横隔膜の真下にある胃を圧迫して胃に症状を感じているのですが、この横隔膜の位置異常から来る胃痛です。

横隔膜は体の中で一番の面積が大きい筋肉ですから、横隔膜の位置異常による胃や心臓への負担は大きいものとなります。

不整脈を整える、​自らの力で​治癒に導く​自然療法
Page Top