ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598

めまい・立ちくらみ・ふらつき

めまい・立ちくらみ・ふらつきの原因。目の前が暗くなるような、めまいふらつきは、首の骨の頸椎に原因があるかも知れません。

めまいや立ちくらみは、平衡感覚の異常です

めまいや立ちくらみは、体のバランスが取りにくくなります。体のバランスが保たれるように働いている、平衡感覚の異常です。

目と耳からの情報、筋肉や関節などで感じる体の位置情報や動作感覚の情報が脳へ伝達します。それらの情報を元に脳からの指令を出すことで保たれています。

それらの一部にでも異常が起こると、体のバランスが保てずにめまいや立ちくらみが起きて日常生活にも支障を来してしまうのです。

顎関節症からのめまい症状

顎関節の先端は、耳の穴のすぐ前にあります。顎(あご)がゆがんでいると耳を圧迫して内耳を刺激します。これが内耳にある平衡感覚をくるわせて、めまいが起きます。このめまいのタイプの方が多くいらっしゃいます。顎も頭蓋骨の一部分ですから、頭蓋骨のゆがみが原因のめまいです。

顎関節症を患っている方は、めまいを伴いやすいのです。頭蓋骨ゆがみ矯正で顎のゆがみがとれると改善するめまいのタイプです。

首のゆがみが原因のめまい立ちくらみ

頸性めまい(頚椎性めまい)は、首のゆがみが原因の立ちくらみです。立ち上がった時や首を曲げた時などに、めまい(立ちくらみ)でふらつくのです。

頸椎の頭蓋骨内に通ってゆく、椎骨動脈が頚椎のゆがみにより圧迫されて脳への血行障害が起こるのです。

脳貧血が起きて、立ちくらみで立ち上がった瞬間にクラッとしたり、目の前が暗くなる感じのふらつき現象です。(左右2本の椎骨動脈は、脳へ向かう血流量の4分の1を担当しています。)

めまいの原因による分類

  1. 耳(内耳)の疾患

    内耳の三半規管、耳石器や前庭神経などの障害による機能不全でめまいが発症することが多いのです。難聴(突発性難聴)や耳鳴、耳閉感など聴覚の症状を伴いやすいです。

    ※ 顎関節は耳に極めて近いため、顎関節症により内耳を刺激してのめまいの症状が出ることも多いのです。

  2. 脳の疾患

    動脈硬化などによる、椎骨脳底動脈循環不全や脳腫瘍でめまいが発症します。

    バランスに対する情報が集積する脳幹や小脳の出血や血流障害などによる機能低下によるめまい発症です。

    脳が原因のめまいは手足のしびれや舌のもつれなどを伴うこともあります。

    脳が原因のめまいは手足のしびれや舌のもつれなどを伴うこともある。

  3. 頚椎性めまい

    一過性脳虚血発作

    ※ めまいは、悪心や吐き気、嘔吐を伴うことも多いのです。

めまいのタイプによる分類

  1. 回転性めまい

    周囲の景色や自分自身ががグルグル回る感じ、左右上下に流れるような動きを感じることもあります。

  2. 非回転性めまい

    足が地につかないような感じでふわふわ・ふらふらとするめまいです。

    ※ (1)と(2)は平衡器官に異常が起きたときに生じますが、脳の病気でも起きるケースもあり、歩いてフラフラする時には、小脳の障害のこともあります。

  3. 立ちくらみ

    立ち上がった時などに目の前が真っ暗になった感じと動機・胸の圧迫感・息切れ・手足の冷えを伴うこともあります。

    立ち上がったときに急激に血圧が下降する起立性自律神経失調症の一つである起立性低血圧症、起立性調節障害や低血圧症です。

    頚椎性めまいは、変形性頚椎症やむちうち症など頚椎の疾患が原因で手のしびれの症状を伴うことが多いです。

Page Top