ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598

首のゆがみと不眠症

首コリが睡眠障害 不眠症の原因。首の7本ある頚椎の周囲には、交感神経が多く流れていますから、この部分の神経圧迫が不眠症の原因です。

首のゆがみが原因、睡眠障害 不眠症

肩こりや首筋のこりがひどいとリラックスできなくて、深い眠りに入れなくなり、熟睡できなくなります。

背骨の首部分の頚椎の周囲には、自律神経の核が多く存在しています。頚椎のズレや頚椎のカーブ ストレートネックが交感神経を刺激している場合、不眠症の原因になります。

肩こりがひどくて眠れない」、「首がこっていて、何度も目覚める」、このような場合は、首のゆがみが自律神経の乱れの原因になっている可能性があります。

同時に腕のしびれが出ている場合は、頸椎が歪んで手に向かう神経を圧迫しているのが原因です。

枕の選び方が適切ではないと、深く眠れない

「旅行先で、枕が合わなくて首筋のこりがひどくなり、良く眠れなかった」という話よくあります。

自分の首のカーブに合った枕の高さが大切です。ストレートネックになっている方は、低めの枕を選びましょう。朝起きた時に、肩首のコリや違和感を感じないことが選び方の基本です。

睡眠サイクルのレム睡眠とノンレム睡眠

不眠のもう一つのタイプは、睡眠時の脳波が乱れて、深い眠りに入っていけないタイプなのです。

レム睡眠とノンレム睡眠の2つの繰り返しが、約90分の周期で4~5回あって目覚めると言われています。

この脳波の乱れが絡んでいる不眠症状は、15種23個の頭蓋骨の歪みから脳波の睡眠リズムが乱れて、不眠症の原因になっています。

頭のゆがみが改善されれば、寝つきが悪い(入眠困難)、夜中に目が覚める(中途覚醒)、眠りが浅い(熟睡困難)、朝早く目が覚める(早朝覚醒)も改善してまいります。

これらのレム睡眠とノンレム睡眠が、リズミカルに規則正しく交互に繰り返し、段々と眠りが浅くなってスッキリと目覚めて、日中に眠くならないことが、睡眠の質と量が最適な状態と言えるでしょう。

レム睡眠は心の平安を、ノンレム睡眠中は体の恒常性維持のためのメンテナンスが行われていると言われています。良質な睡眠と適度な量の眠りが健康的な暮らしのためには、必要不可欠なのです。

レム睡眠は、日中の経験の様々な事柄から必要なものを記憶していると考えられています。赤ちゃんは眠りの半分近くがレム睡眠であるのは、多岐にわたる学習に対応しているからなのです。

成長ホルモンを分泌する、ノンレム睡眠

ノンレム睡眠中においては、起きている間に学業や労働に働き続けた脳がリフレッシュし、同時に成長ホルモンを大量に分泌しています。

この成長ホルモンは、人間の成長を促進させているだけではなく、疲労回復や皮膚の再生(美肌効果)や毛髪を育てるなどの美容効果の役割も果たしています。

体調不良に陥った時や風邪をひいている時は、眠気をもよおしますが、それは眠りによって成長ホルモンの分泌を促進させて、体の回復を図るための免疫力を高めようとする本能の計らいなのです。

この働きも広義での自然治癒力の一環であると言えます。良質の睡眠は、体調維持や健康のためには欠かせないものなのです。

脂肪分解のダイエット効果のある成長ホルモン

成長ホルモンは、成人になっても分泌し続けて、深い睡眠時と寝入りばなに大量に分泌して、体内の脂肪を分解しています。

成長ホルモンの分泌が阻害されている人は、体内で十分に余分な脂肪が分解されずに、肥満に陥ってしまうのです。

上部頸椎の矯正後に、自然に痩身になる方がいらっしゃいますが、成長ホルモンの分泌の阻害が解消された結果と、体のむくみ解消が起きているからなのです。

ですから、いびきをかく人は仰向けで就寝中に舌の根元が喉に落ち込む、「舌根沈下」の現象が起きます。

その結果により、気道をふさいで呼吸妨害が起きて、全身が酸素不足状態になります。

そのような状態に陥ってしまうと、睡眠が浅くなって成長ホルモンの分泌が約70%も落ち込むと言われています。(SAS 睡眠時無呼吸症候群)

ダイエット効果があまり出ない方は、いびきをかいて寝ているような、成長ホルモンの分泌が阻害されている状態になっているかどうかというところに原因を疑ってみるべきです。

体内時計とホルモンバランス

睡眠に作用する要素としては、1日25時間リズムの体内時計も深く関係して、夜には眠りのホルモンであるメラトニンと朝には目覚めのホルモンのコルチゾールが分泌されます。

したがって、夜に暗くなると眠くなり、朝に明るくなると目覚めるのが自然の法則に適っているのです。

仕事に追われている現代人にとってはその自然の法則に従えない面もあり、明かりの遮断や照明に工夫をこらして、体内時計にも気を使うべきです。

入眠時には、血圧と体温は低くなり、目覚めが近づくにつれて血圧と体温が上昇し、日中の体が活動している時にはさらに上昇して、体温や血圧が夜になると下降して眠気を誘います。

室温や風通しも整えて、睡眠環境の保全が安眠を保持しますから、室内環境も大切ですし、適度な疲労感も眠気に作用しますから、運動不足に気を使うべきです。

十全治療院の上部頸椎整体にあわせて、総合的なバランスを考えて質の良い眠りに導けるように周囲の環境やバランスを整えるといった対策をすることで、不眠症や首筋のこりが改善してゆきます。

頚椎の歪み矯正は​不眠症の​改善を促します
Page Top