ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598

首の痛みと手のしびれ

首の痛みの原因は、頚椎のひずみにあります。手のしびれの原因になる、頚椎のゆがみ ストレートネックについて。

首の痛みと手のしびれを、改善へ導く施術

首の痛みと手のしびれ原因は、首のゆがみです。脊髄神経から出た腕神経叢(わんしんけいそう)と呼ばれる神経の束が、背骨の首の頚椎の両脇から手に向かって流れています。

この腕神経叢の出る頚椎の4~7番にズレが起きて神経を圧迫していると、首筋のこりと供に手や腕にしびれが出たり、あるいは手や腕の痛みも伴うのです。

頸椎が大きく歪んでいると神経圧迫も大きく起きてしまいますから、手の痛みや手や腕のしびれも強くなったり広範囲にわたって出てきます。

手を酷使していると神経反射でその刺激が首に伝わり頚椎がひずみます。それが、首の痛みと手の痛みや腕のしびれの原因になっている場合もあります。

例えば、指先だけのしびれとから指先まで全部がしびれている場合では、後者の方が神経圧迫も大きく起きています。後者のような場合だと、頸椎が大きく歪んでいて手のしびれは重症です。

橈骨神経麻痺などの手の麻痺

指先の感覚が鈍くなったり手や指の動きが鈍くなるのは、しびれの症状を越して神経麻痺が起きていて、重症です。

これらの麻痺症状は、正中神経麻痺・橈骨神経麻痺(とうこつしんけいまひ)・尺骨神経麻痺などの手の神経部位別に病名をつけられています。

例えば手の親指のしびれですと頚椎の6番からの神経に問題があります。このように手の各部位に流れる、神経の出ている場所は決まっています。

してはいけない、神経ブロック注射

首の痛みや首筋のこりに対する対症療法として、ペインクリニックでは頚椎への神経ブロック注射を首の痛みの治療として行っています。

しかしこの神経ブロック注射では、脳で感じるはずの痛みをその経路である頚椎の神経を薬剤で一時的に遮断しているだけです。神経ブロック注射の効き目が切れてくると、再注射ということになり真の首の痛み救済には至りません。

痛みは体に対する一つの警告であり、脳は痛みを感じる方向に体を動かさないようにして体をかばって行動するよう命令します。

それは、患部が更に悪化しないように可動域を制限しているということであり、生体の最大限の知恵なのです。

これを頚椎への神経ブロック注射で首の痛みを感じなくしてしまうと、普段通りに首を動かして生活しているうちに患部である歪んでいる頚椎の関節がこすれ合い軟部組織までも傷つきます。

気がつくと神経ブロック注射を行う前よりも、悪化させてしまっている事態となるでしょう。

膝の痛み腰痛などの他の部位への神経ブロック注射も同様です。

痛み止めの服用や首の牽引・首へのマッサージ・ポキポキと首の矯正する等の対症療法は医師や施術者の知識を患者さんの成体に押し付けているだけにしか過ぎません。

頚椎の歪み矯正は、​首痛みと手のしびれの​改善を促します
Page Top