ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598

吐き気の原因になる、首のゆがみ

気持ち悪さや吐き気は横隔膜のゆがみが原因になっている可能性があります。第4頚椎の歪みは、横隔膜の位置異常を招いて、吐き気の原因や気持ち悪さにつながりやすいのです。

首の歪みが、吐き気の原因になる理由

みぞおちの違和感を感じて、嘔吐したくなる感じが「吐き気」なのです。全てとは断言しませんが、横隔膜の歪みが吐き気の原因になっていることが多いのです。

首の歪みが吐き気の原因になるのは、7本ある頚椎の真ん中あたりにある、第4頚椎から横隔膜に向かう横隔神経が圧迫されているからなのです。

これにより、横隔膜が歪んでみぞおちの辺りを押し上げて、吐き気をもよおしたり、気持ち悪くなったりするのです。

横隔膜は、吐き気以外にも辛い症状が伴います

  • 横隔膜が心臓を圧迫して、不整脈や動悸(どうき)を発症

    つまり、実際に心臓そのものが悪いわけではないのに、二次的に不整脈や動悸を起こしているのです。不整脈や動悸で悩んでおられる方の大半は、筋肉の中で最大の面積を誇る、横隔膜の位置異常が災いしているのです。

    坂道等で活発に横隔膜の収縮をなさねばならぬ時に、脳から頚椎4番を介しての信号がさらに途絶えがちになります。

    満足に全身への酸素供給を行えない為、更に心臓の鼓動を早くして補おうとして、さらなる不整脈や動悸につながって行く・・・・極めて悪循環なパターンです。

  • 横隔膜が胃を圧迫して、胃痛や胸やけを発症
  • 横隔膜が胃を圧迫して、胃もたれを発症
  • 横隔膜が食道を圧迫して、逆流性食道炎を発症
  • 横隔膜の歪みが、呼吸障害(息苦しい)を発症
  • 横隔膜の歪みが、心臓から出た太い血管を圧迫して寒気や冷えを発症

このように、横隔膜は、体の中央部分にある最大の筋肉ですから、様々な悪影響を体に与えてしまいます。

ちなみに、横隔膜の痙攣(けいれん)がしゃっくりになるのです。

慢性化している、吐き気の原因を改善する方法

横隔膜へ流れている神経は、頚椎から出ていますが、大元の脊髄神経の圧迫を取り除く、上部頚椎矯正が吐き気の原因改善にもはたらきかけます。

手足の一ヶ所にマグネットを貼る方法、あるいは首の一ヶ所を軽く押す方法で上部頸椎の矯正をします。ポキポキと骨を鳴らしたりしない、安全な矯正です。

脳からの命令を邪魔していた、脊髄神経の圧迫を取り除くのが目的の施術なのですが、一カ所でも全身の骨格矯正がなされ、顔のゆがみ矯正足の裏の痛み改善にもなります。

背骨のゆがみも自動的に正されますから、頚椎4番も矯正されて横隔膜の歪みが修復されるのと並行して、吐き気も改善に向かうのです。

右側写真は、のど仏の歪み矯正前と矯正後の実例ですが、のど仏の位置が改善されたのは、首のカーブが変わった証拠です。

吐き気止めなどの薬に頼らなくても、吐き気や気持ち悪さの改善になってくるということですから、病院に失望された方には朗報です。

首の歪みが​矯正されると、​吐き気が軽減します
Page Top