ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598

体のゆがみの連鎖反応

体調管理は、ゆがみ矯正が一番です。症状を消そうとして対応するのでは、根本的な病気の解決に至ることはできません。

体のゆがみは、体調不良の原因になる

対症療法は、体の不調を増幅させる恐れがあります。

イラスト ぎっくり腰

「微熱が続いて、腰痛や首筋の痛み、胃もたれ、頭痛、不眠など不定愁訴に苦しみました」、「その度に血液検査やエコー、胃・大腸カメラ、CT、MRIの検査を行っても特に大きな異常はみつかりませんでした・・・」

「体のあちこちがピリピリ、チクチクと痛みが続くものですから、内科と心療内科の先生からはストレスによって筋肉が緊張してたり、異常感覚によるものではないかと言われて精神安定剤を与えられました」

これらの訴えのように、体のあちこちの辛い痛みで悩んでいらっしゃる方も多いのですが、そのような方は複数の自覚症状が絡み合った体の不調に陥って、その体調不良 原因から抜け出せないで苦しみの中でもがいているのではないでしょうか?

症状を取るだけでは、病気は治りません

対症療法は、固有の症状を消そうとして対応するものですから、例えば「頭痛薬と胃薬を手放せなくて、冷え性を治すのために漢方薬を処方してもらって、週に1回のマッサージが手放せなくなった」・・・というような状況になり得ます。

薬の副作用が心配だと感じていても、薬を飲んでいる間はつらさから逃れられますから、余儀なくされている・・・・すなわち根本的な解決に至ることができないのです。

ただし、症状の緩和や病状の消滅だけでは病気は改善しないのであり、病気や体調不良が発生すると自動的に自己修復プロセスを活性化する力である生命力を高めて自己修復力が働くことで回復するのです。

その自己修復力を無視して症状のみを消滅しようとする行為の継続が、かえって体の不調を増幅させる結果となってしまっているのです。

体調不良 原因を改善するのは、首の骨一ヶ所だけの施術方法

イラスト 脊柱と背骨

脳からの指令によりコントロールされている修復機能である自己修復力を低下させている妨害を取り除くのが上部頚椎矯正の目的です。

体の中での内部処理を行うこと以外には、真の疾病の修復はありえないのです。

部位別・体の不調が発生しやすい体のゆがみ

体の不調には、体のゆがみが比例して伴いますから、体の部位別に起きるゆがみと派生しやすい症状を述べてみます。

首のゆがみ

  • 首筋のこり、寝違い、頚椎症
  • むちうち症
  • 手のしびれ
  • 不眠症
  • 頭痛
  • 腱鞘炎
  • 手の多汗症

肩のゆがみ

  • 肩の痛み
  • 四十肩、五十肩

骨盤のゆがみ

  • 腰痛、ぎっくり腰
  • 坐骨神経痛、足のしびれ
  • 股関節の痛み
  • 膝の痛み
  • 足指のゆがみ、外反母趾
  • O脚・X脚
  • 足首の痛み
Page Top