ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598

背中のゆがみの原因

背中の痛み・背中のはりの原因になる、背骨のゆがみ。背骨のゆがみは、背中のこり、肩甲骨の痛みの原因になります。

座っているとつらい肩甲骨こりと背中筋肉痛の原因

「ぎっくり背中の鋭い痛みで、寝返りも打てなく仰向けで眠れない」
「胸の痛み 背中の痛みが同時に襲ってくる」
姿勢の乱れがあり、肋間神経痛と左背筋の痛みがある」・・・このように背部痛は、辛くてうっとうしいものです。

骨盤上面図・正面図

なかには、「寝ている時に体の行き場がなく緊張して、落ち着いて長く横になっていられない」という訴えもあります。

背部痛 原因として、背骨のゆがみや背骨 湾曲した脊柱側弯症(側湾症)、骨盤のゆがみなどが挙げられます。

背中 肩甲骨の痛み原因 肩甲骨のゆがみ

左右の肩甲骨が内側に寄ってきて、とんがったように後ろに出っ張っている形、おまけに肩こり・いかり肩になって肩首周囲の緊張がみなぎっている、典型的な肩甲骨のこり・背中のこりと肩こりタイプが上の写真にある女性モデルです。

正面からの観察では、鎖骨がV字型になるように鎖骨の外側の先端が上に上がっていて、みるからに肩が緊張しているタイプです。

このようないかり肩タイプは、背骨にゆがみ、湾曲があり、骨盤歪みも伴って、「背中、腰が痛くて、仰向けで寝れない」と訴えられる方が多いのです。

逆に快方に向かうとなで肩になり、肩の筋肉が緩んで同時に肩幅矯正もなされて肩幅が拡がってまいります。

「寝る時に、真っ直ぐに体を伸ばせない、私でしたが、今はリラックスして眠れています」という皆様からの声で、院長の私も安心します。

首の一点矯正で肩甲骨の痛み改善

整体は、曲がっている骨盤や背骨をポキポキと脊柱矯正をするというイメージを持たれている方がほとんどです。

十全治療院では、手足の一ヶ所にマグネットを貼る方法、あるいは首を軽く押す方法で首の一ケ所を矯正するだけの安全な矯正のみです。肩や背中の患部には、一切、手を触れません。

上部頚椎へのワンポイント矯正が上部の脊髄神経への圧迫を取り除き、脳からの指令が全身へ行き届くようになり、自動的に体のゆがみ矯正がなされます。自らの力でカラダ全体を修復に導く自然療法なのです。

あくまでも全身が癒しの対象になります。症例写真として、効果を確認していただけます。顔のゆがみ矯正の実例と、足裏の痛み 指の矯正実例をご参照下さい。

何故、このような曲がっている足の指が伸びたり、頭蓋骨のゆがみ矯正がなされて顔のゆがみ改善が、首を矯正しただけで実現するのかという問いへの答えが、自己修復力なのです。

自己修復力が、体のゆがみを矯正します

外から加えた力が働いて矯正されたのではありません。内なる働きの自己修復力整体作用による、体のゆがみ矯正なのです。

脳から指令が出てゆがんでいる部位を定位置に導いて、体ゆがみ矯正がなされたのです。それには施術者の学んだ知識の介在は、一切含まれていません。ですから、このような現象が実現可能なのです。

身体を修復する働きの根元は、生命を維持している生命力そのものです。命そのものが活性化されてくることになり、生命活動の活発化が促されます。その一貫として、症状の改善が体の中からの内なる働きで実現されるのです。

「顔色が良くなってきた」と周りから感想を述べられたという声が上がるのもこのためです。「修復する」という現象は、身体の内部処理でしかあり得ません。

背中の筋肉をマッサージするというような、対症療法は、感心しません

かたや対症療法は、施術者の学んだ知識や技術を体に押し付けているだけであり、副作用の危険もつきまといます。

人為的に、病んでいる部位や辛い症状が出ている患部に対して施術するのは、一時しのぎであり、真の背中の痛み救済には至りません。

多くの、背中の筋肉の緊張や背中のこりの原因は、背骨のゆがみです。背中の筋肉をマッサージしてもその時だけ気持ちが良くなっているだけです。本当に背中の筋肉が緩んでいるわけではないのです。

身体は、各部分が別々のものではなく全て関連しあっています。背中の痛みで悩んでいても、背中の辛さを人工的に消してはいけません。

辛い症状には、必ず原因があり、それを改善するのを「根本的に修復する」 という言葉で表現していますが、はきちがえている施術が蔓延ってているのが実情です。

自分自身のボディケアの問題

意識して正しい姿勢保持しようと、椅子に座っている間に背筋を伸ばす背筋矯正をを自ら繰り返し行っている方がよくいらっしゃいます。

毎日のように同じ部位に力を加え続けていることで、背中 痛み 原因を自分で作っている方がいらっしゃいます。

このような不用意な背筋伸ばし行為を、例えば、1時間に20回行ったとします。すると、8時間の仕事中に、毎日160回も背筋と背骨に力を加え続けていることになります。これがかえって、腰痛 背中痛みの原因になります。

同じ姿勢や体勢で座っているのは、誰でも長時間はたもてません。足を組んでも構わないですから、正しいを姿勢保持しようとして、背筋を伸ばすのはしないようにしましょう。

骨盤歪み矯正は、背部痛施術につながります。

Page Top