ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598

正しい姿勢

慢性的な首肩のこり・腰の痛み 体の歪みが首肩こり・腰痛や自律神経の乱れの原因になります。

骨盤ずれを矯正して姿勢の乱れ矯正

「猫背を気にして歩き方姿勢に自信が持てない」と悩まれていませんか?体のゆがみの中でも、特に、背骨のゆがみに目を向けてみましょう。

骨盤の歪みが姿勢の乱れを招きます。姿勢が崩れて体のゆがみがあると、さまざまな体の不調が顔を出してきて、あちらこちらの体のつらさで悩むことが多くなります。

正しい姿勢とは、206個前後あると言われている、人体の骨のバランスが整っている状態です。地球の重力に導かれているように、まっすぐに立つというのが、自然で無理のない姿勢です。

血流障害と体のゆがみ

「体の不調に陥るほどに、体のゆがみが増す」と断言できます。しかも、歪んでいる部位には、血流障害が起きて冷えを伴っています。

血流障害と体のゆがみ

これは歪みが出ている部位の血管にも神経圧迫が起きて、血行不良に陥っているから冷えるのです。

血液は、体の各部位に酸素と栄養を運んでいます。冷え症以外にも、栄養失調から体の機能障害を発生します。体のゆがみからの血行不良は、体に大きな負担をかけてしまいます。

206個前後あると言われている人体の骨の全てがバランスの整った状態を保てているのが、「正しい姿勢」なのです。理想的な健康体は、体のゆがみがない状態です。

足のゆがみの足変形も、歩き方姿勢を悪くします

正しい姿勢を保つためには、足のバランスも大切です。腰痛や背中の痛み、股関節痛や膝の痛みなどがあれば、歩き方姿勢が崩れやすいのです。

例えば、外反母趾なども悪い姿勢の原因となります。体のゆがみは、不安定な歩き方姿勢を続けているうちに、背中の痛み姿勢の乱れや良くない姿勢へとつながってしまいます。

体形の崩れの表れ

ズボンやスカートがきつくなっていませんか?それは太った結果ではなく、姿勢が悪くなって体形がくずれてきてしまった事が考えられます。

ヒップ(お尻)やバスト(胸)も肉がこけ落ち、たわんだりして形が崩れて下がってしまい、同時期におへその周りが出る → 下腹全体が出る → 胃のあたりまで出る。というようなパターンで体形と姿勢がくずれてきたはずです。これで、ズボンやスカートがきつくなってきたのです。

正しい姿勢 矯正方法

悪い姿勢になったのは、足指変形から生じた偏った歩き方のくせが蓄積した結果です。すなわち、体軸がズレた歪みの連鎖によるものです。

この歪みの連鎖を止めるためには、体の軸を整えるためにゆがみを正さなければなりません。歩き方矯正も含めた足の矯正、股関節・背骨などの総合的な体のゆがみの問題点を総ざらいする必要があります。

体には、悪くなる時とは逆に、自己修復してゆくごとに体のゆがみが改善されるという法則があります。その効果は、部分的ではなく全身に行き渡ります。

首の骨を一ヶ所矯正すると、全身の歪みがとれます

首の骨を一ヶ所矯正すると、全身のゆがみが矯正されるポイントがあります。それが、十全治療院の上部頸椎の施術です。ポキポキと乱暴な手技による矯正はしません。脳からの指令で、自然にゆがみ矯正されるのが特徴です。

全身に現れる、効果の証として、症例写真集を参照して下さい。

顔のゆがみ矯正 症例写真はこちら
足曲がり指矯正 症例写真はこちら

姿勢を正そうするのはかえって逆効果

よく背筋を伸ばしているのが、良い姿勢であると勘違いしている方がいらっしゃいます。これは、学校教育の賜物であって本来の正しい姿勢ではありません。

常に背筋を伸ばそうとする意識が働いているために、日中何十回も胸を反らせることが蓄積されて、背中がゆがみます。

特に背骨の胸椎のが、へこんでしまっているケースが結構見受けられます。肩甲骨の痛みや背中の痛みなどの原因を招きます。ですから、常に姿勢を正そうとしては、いけません。

背骨のS字状のカーブが正しい姿勢の条件

背骨はS字状のカーブを描いているのが理想です。頚椎の前弯・胸椎の後弯・腰椎の前弯・仙椎(骨盤の中央)の後弯が自然です。真横から見て、ちょうどS字を描くような感じになっています。

理想的な背骨のS字状のカーブが、上からの重力(頭部の重みなど)や地面の反作用からのショックを吸収する力学的な役目を果たしているのです。

猫背は慢性腰痛のはじまり

「老化の始まり」と言われているように、猫背になっているとバランスが悪くなって背骨にも負担がかかって、慢性腰痛で苦しむことになりかねないのです。

靴の踵(かかと)の減り方に偏りがあり、左右差があったり、極端に内側や外側が減ったりしていませんか?体のゆがみが増大して、歩行バランスが偏っていることが原因なのです。

猫背は慢性腰痛のはじまり

インナーマッスルの衰えは慢性腰痛の危険信号

正しい姿勢を保持し、姿勢改善の役割を果たしている、インナーマッスル(深層筋)が弱体化すると姿勢が悪くなります。腰痛や股関節痛症状、背部痛などを引き起こしやすくなります。

骨格筋には、体を動かす役目の表層筋(アウターマッスル)と姿勢を保つ動きを調節する深層筋(インナーマッスル)があります。以下は、インナーマッスルが衰えてきていることの表れです。

  • 立っているとすぐに、壁にもたれかかったり、椅子に座りたくなったりする
  • 椅子に座っている時に腹と腰に力が入らず、背筋が丸まっている
  • 腰や膝が重くて痛みが出てきた
  • 以前より背が低くなって、身長が縮んだ
  • 食べる量は変わらないのに、太りやすくなった
  • 末端冷え性になってきた

体ゆがみの調べ方・セルフチェック

正面から見て、ご自身のカラダにどれくらいゆがみが起きているかを確認します。ぜひ鏡の前に立って、セルフチェックをしてみてください。

  1. まず耳の高さからですが、左右の耳のどちらかが傾いているのは頭の軸が傾いていることの表れです。
  2. 肩の高さと幅を見比べて下さい。その時に肩のカーブが丸くなく、いかり肩になっている場合は、肩に極度の緊張がともなっていています。肩こり症状がひどくなっているタイプです。
  3. 骨盤のゆがみ傾きがあると、歩行バランスの偏りがあり、腰痛になりやすくなります。骨盤の左右の厚みが違っていませんか ?もし股関節違っている場合は、位置もくるっていることでしょう。

いずれの場合も、左右の高さの差だけではなく、骨盤ゆがみのため片方が前方へ出ているなどの体のよじれも伴っているはずです。

下のイラストは、左端が正しい姿勢で、背骨のS字状カーブも理想的な形になっています。

正しい姿勢と悪い姿勢の3つのパターン
※ 左端が正しい姿勢。左2番目から悪い姿勢の3つのパターン
Page Top