ご予約はお電話で受付中です

03-3406-0598

体のゆがみが及ぼす影響

姿勢を良くする方法と体のゆがみ矯正 慢性腰痛や肩こりなどは、体のゆがみが原因で発症します。

姿勢矯正で体調不良を改善

悪い姿勢は、体の歪みから発生します。歩き方姿勢が悪くなり、腰痛の原因になります。股関節痛原因膝の痛み症状などにも連鎖する、悪循環にもなります。

正しい姿勢でないと、背骨のゆがみから肩こりに悩んだり、睡眠障害である不眠症になって体調不良も招きかねません。

体のゆがみがあると、骨盤の歪みから歩き方も偏り、足に余計な負担がかかります。そして、足底筋膜炎 症状の土踏まず痛みと足裏痛みも発症します。

体のゆがみは、放置してはおけない問題なのです。体調不良の改善には、姿勢矯正が必要なのです。

■ あぐらをかけないのは、股関節のゆがみが原因です。

「胡坐(あぐら)をかけない」という方は、まず股関節のゆがみがあります。それが脚のつけ根が開きにくく、「足の付け根が痛い」という訴えになるのです。

股関節を柔軟にして腰痛予防

股関節の固い方が、数多く見受けられます。これは、骨盤のゆがみが、股関節のゆがみの原因になり固くなったり、股関節痛を伴ったりするのです。

例えば、床に置いている物を持ち上げようとする時に、腰を落として膝を曲げて持ち上げる体勢を作ります。

股関節が固いと、膝(ひざ)を曲げてかがんだ時にも股関節が十分に曲がりません。床に置いている物を持ち上げようとする時にも、腰に負担がかかりやすい不自然な体勢になり腰痛の原因になります。

この股関節のゆがみがあると、歩いている時の体重移動が不均衡になります。ますます、体のゆがみが増す、悪循環を招いてしまいます。

上部頸椎の矯正が、股関節柔軟にする方法

体が柔らかくなる方法として、あるいは、股関節柔軟するために、股関節ストレッチを推奨しているのではありません。固い体を無理やり曲げたり伸ばしたりしていると、かえって体のゆがみが起きます。

首の骨を軽く押して、上部頸椎を矯正する方法は、自己修復力が働いて、自ら歪み矯正を行います。

これにより、骨盤や股関節も矯正されて、関節の可動域が拡大され、股関節柔軟になります。股関節のゆがみが矯正されると、足の指が伸びます。

膝のゆがみ矯正の症例写真はこちら

上部頸椎矯正は、股関節の歪み矯正だけではなく、全身が対象です。

顔のゆがみ矯正の症例写真はこちら

症状が出ている患部 ゆがみと冷え

振りかえってよく観察してみて下されば、つらい自覚症状が出ている体の部分には、必ずと言っていいほど、ゆがみが伴っているはずです。

症状が出ている患部は、ゆがみを伴い冷えていますが、これはゆがみが神経を圧迫して血流が悪くなり、血行不良を起こしているためです。手足の冷えなどはその典型です。

断言しますと、調子が悪くなればなるほど全身の体のゆがみが増します。そして、全身に、冷えなどの様々な悪影響が発症することなのです。

部分的な問題でない全体としての体のゆがみ

体の各パーツは、関連があり全てが絡み合って連動しています。部分的な問題だけではありません。

例えば、頭痛で悩んでいる人は頭蓋骨が歪んで顔のゆがみがあり、表情筋のたるみが起きます。

頭蓋骨のゆがみから、鼻のゆがみが発生します。そして、鼻づまりといびきがひどくなったりします。あまり知られていないこととして、鼻のゆがみが花粉症や鼻炎の原因につながることがあります。

頭蓋骨の一部分である、顎(あご)の骨のゆがみは、片噛みの顎関節症になります。顎の周囲にある唾液腺を圧迫して、消化吸収の要である唾液の分泌異常から胃痛を招きます。唾液成分の働きが滞り、むくみ原因や肌荒れにもつながります。

「肩こりがひどい」という方は、頚椎のゆがみがあったり、肩甲骨の位置もズレていることでしょう。肩甲骨のゆがみは、肩関節の動きにも連動していますから、腕が上がりにくくなる四十肩や五十肩で悩むこともあります。

このように、例をあげれば数限りなく、負の連鎖につながってくのが体のゆがみなのです。上部頸椎矯正の体ゆがみ改善が、真の健康法になるのです。

筋肉 骸骨

Page Top